パピー ローワン イエガー毛糸


●16.04.11 トリュフポーチ作り方
●16.03.10 テトラポーチ作り方
●16.02.05 Baktus Scarf 編み図
●15.11.23 2目ゴム編みソックス 応用編〜スニーカーソックス
●15.04.11 ベーシックノーカラーノースリーブブラウス型紙の応用ワンピース
●15.04.11 1.3mで作る ヨークギャザースカート(フリーパターン)
●14.09.20 シルクのボックスブラウス(フリーパターン)
●14.03.05 手編みのメンズベストが完成
●14.01.22 手編みのメンズベストに挑戦
●12.04.20 クッションの仕立て方〜片開きのファスナーつけ〜
●12.04.07 台形ヨークセーター(とじ、接ぎなし)
●12.02.21 はぎ とじのないヨークカーディガン(青山カーディガン)フリーパターン
●12.02.15 スカーフ・ハンカチの手巻きふち縫い(よりぐけ縫い)
●12.01.14 2012年春夏柄 ピンワーク
●11.11.28 今年も行ってきました!
●11.11.26 本日開店 トランテアン移動手芸店
●11.11.24 トランテアン移動手芸店 
●11.11.08 裾フリルのギャザースカート(フリーパターン)
●11.10.21 リボンギャザースカート(フリーパターン)
●11.10.18 オリジナルパターン 〜ジャージアレンジ編 2〜
●11.09.16 オリジナルパターン 〜Tシャツ編〜
●11.07.23 windワンピース 3
●11.07.18 windワンピース 2
●11.07.14 windワンピース 1
●11.05.13 お客様作品集9
●11.04.14 マットラミネートでつくるトートバッグ(フリーパターン)
●11.02.10 いよいよ明日から アンスピラシオンにて
●11.02.08 お洋服セミオーダー会 販売商品について
●11.02.07 お洋服セミオーダー会 準備中
●11.01.15 SS2011 ピンワーク1
●10.12.14 Creations SAVOIR-FAIRE
●10.11.05 社員旅行 3 +おまけ
●10.11.08 社員旅行 2
●10.11.02 社員旅行
●10.10.11 パリ最終日記4
●10.09.30 サイズ自由のブックカバー
●10.09.02 ロンドンからパリ3 移動日
●10.08.24 LIBERTY FABRIC2010 秋冬コレクション ピンワーク
●10.08.10 ロンドンパリ日記 2
●10.07.24 135cm幅 1mで作るロングキャミソール(フリーパターン)
●10.06.16 V&A Quilts1700-2010  ロンドンパリ日記
●10.03.15 2010移動手芸店
●10.01.06 テキスタイル ルネッサンス LIBERTY FABRIC2010SS 
●09.12.25 お客様作品集8 
●09.11.06 パリ・モンサンミッシェル
●09.10.15 手作りマスク
●09.09.24 リバティプリント 輸入ミニカットクロスで作るスカート 東欧編(フリーパターン)
●09.09.03 大地の芸術祭
●09.08.21 ミラー刺しゅう 
●09.08.07 ラミネート加工縫い方 (ビニールコーティング)
●09.08.01 お客様作品集7
●09.07.23 LIBERTY FABRIC 2009 秋冬コレクション ピンワーク
●09.07.04 LIBERTY FABRIC 2009 秋冬コレクション Part2
●09.07.02 LIBERTY FABRIC 2009 秋冬コレクション
●09.06.17 移動手芸店 初夏 まだまだ開催中!
●09.06.08 移動手芸店 初夏 到着
●09.06.03 2009年 初夏 移動手芸店 準備中
●09.05.26 ウィリアムモリス レッドハウス
●09.05.09 2009年日本ホビーショウ 
●09.03.24 編み針ケース 作り方
●09.03.18 少女の友・ お客様作品集6
●09.02.28 カンタン布コサージュ
●09.02.18 試作中...
●09.01.20 LIBERTY FABRIC 2009年 春夏柄 2
●08.12.27 2009年春夏柄 仕事納め
●08.12.17 X’masオーナメント
●08.12.13 ドミノ編み
●08.12.06 DMC コットンパール8番 刺しゅう糸
●08.11.29 作品展 第3弾
●08.11.22 作品展 第2弾
●08.11.18 手芸同好会 作品展 常寂光寺ギャラリーにて
●08.11.03 お客様の作品集5
●08.10.28 移動手芸店 東京滞在紀
●08.10.27 トランテアン 移動手芸店 開店
●08.10.23 移動手芸店 ただいま準備中・・・完了
●08.10.22 再び 移動手芸店まだまだ準備中...
●08.10.21 続々 移動手芸店ただいま準備中...
●08.10.20 続 移動手芸店ただいま準備中・・・
●08.10.16 移動手芸店 ただいま準備中・・・
●08.10.09 UK日記 アジサイのV&A
●08.10.06 UK 日記 エジンバラの毛糸屋さん
●08.09.30 UK日記 グラスゴー CRマッキントッシュ
●08.09.04 UK日記 ロキャロン社 タータンチェック
●08.08.20 UK日記 エンジェル〜エディンバラ
●08.08.12 夏の手仕事 布さき編み(フリーパターン)
●08.08.02 UK日記 便利なオイスターカード
●08.07.18 08年秋冬柄 
●08.07.01 夏のインテリアLIBERTY FABRIC
●08.06.18 ヨーヨーキルト yo-yo-Quilt その2
●08.05.31 ヨーヨーキルト yo-yo-Quilt その1
●08.05.23 ヨット柄 Deben
●08.05.15 パリ・ジュネーブ旅日記 7ジュネーブの手芸屋さん
●08.05.06 パリ・ジュネーブ旅日記 6 ル・コルビュジエの「小さな家」と「クラルテの集合住宅」
●08.04.30 パリ・ジュネーブ旅日記 5.世界都市 ジュネーブ
●08.04.23 パリ・ジュネーブ旅日記 4.ヴァンブの蚤の市、ボタン
●08.04.19 パリ・ジュネーブ旅日記 3.ポンピドゥーセンター、レストラン
●08.04.11 パリ・ジュネーブ旅日記 2.オペラ座バレエ「カリギュラ」
●08.04.07 パリ・ジュネーブ旅日記 1.のだめの音楽院、楽器博物館
●08.03.31 スプリング 簡単ソーイング
●08.03.17 お客様の作品集3
●08.02.20 手作りネクタイ
●08.02.09 雪の土曜日
●08.02.02 ブルガリアの手編みスカート
●08.01.23 京都 高麗美術館 /ユキパリスコレクション
●08.01.12 続・ LIBERTY FABRIC 2008年春夏柄
●08.01.10 LIBERTY FABRIC 2008年春夏柄
●08.01.08 手編みのくつ下
●07.12.28 BEST10 〜print of the year〜
●07.12.20 手編みの帽子
●07.12.12 クルニュー美術館&オルセー美術館
●07.12.03 毛糸ゆのし器
●07.11.27 絵本の街〜コルマール〜
●07.11.21 お客様の作品集2
●07.11.17 染色博物館〜ミュールーズ〜
●07.11.14 韓国の伝統手芸
●07.11.07 おとぎの国〜ストラスブール〜
●07.11.04 カラーコーディネート
●07.10.27 あなたはネコ派?イヌ派?
●07.10.22 メゾン・リバティ 
●07.10.08 オ ピエ ドゥ コション〜パリ〜
●07.10.04 プルミエール・ビジョン〜パリ〜
●07.09.23 リバティプリントの名前“ダンテ”
●07.09.14 コーデュロイでスカート作り♪
●07.09.05 手作りウエディングドレス2 〜追記〜
●07.08.31 手作りウエディングドレス
●07.08.28 ダブルウェディングリング
●07.08.15 ウィリアムモリスとリバティプリント(6)ローデン
●07.08.08 リバティプリントで夏を...
●07.07.22 リバティプリントの名前 秋冬
●07.07.08 ティアードスカート 色あわせ
●07.07.01 リバティの本 お客様作品集1
●07.06.11 オペラ「ミカド」とリバティ
●07.05.23 袈裟・糞掃衣(ふんぞうえ)
●07.05.13 日本ホビーショー07
●07.05.02 DMCクロスステッチ
●07.04.22 ウィリアムモリスとリバティプリント (5)アフリカンマリーゴールド
●07.04.12 バースディパターン 花祭り 浄住寺  ご近所紹介(5)
●07.04.06 スタッフのユニフォーム〜タナローン・ティアードスカート〜
●07.04.01 エイプリルフール Poissond’Avirl
●07.03.25 ロンドン&パリ日記(番外編)〜おみやげ〜ファッジ・フェーブ・ことりのオデットなどなど、、 nono
●07.03.16 ロンドン&パリ日記(9)〜帰路・シャルルドゴール→スキポール→関空・〜 nono
●07.03.01 ロンドン&パリ日記(8)〜ボン・マルシェ ウルトラモッド パリの手芸屋〜 nono
●07.02.22 ロンドン&パリ日記(7)〜クリニャンクール蚤の市 アンティークレース・ドロンワーク〜 nono
●07.02.21 雅姫さんのリバティ ホビーラホビーレのリバティ
●07.02.20 ロンドン&パリ日記(6)〜ポートベロー蚤の市 薩摩ボタン〜 nono
●07.02.15 ロンドン&パリ日記(5)〜リバティ百貨店・ティールーム〜 nono
●07.02.09 ロンドン&パリ日記(4)〜Savile Row フィッシュアンドチップス〜 nono
●07.02.07 ウェッジウッドブルー 色の名前
●07.02.03 ロンドン&パリ日記(3)〜リバティロンドン〜 nono
●07.01.31 パッチワークスカートの作り方(2)
●07.01.31 パッチワークスカートの作り方
●07.01.27 ロンドン&パリ日記(2)〜English breakfast マーマイト〜 nono
●07.01.23 紅茶染
●07.01.20 ロンドン&パリ日記(1)〜KLMの機内食〜 nono
●07.01.15 パッチワーク生地セット スカート
●07.01.10 ウィリアムモリスとリバティプリント (4)
●07.01.06 5番刺繍糸 DMCパールコットン 
●07.01.01 伏見人形 丹嘉
●06.12.27 ミカドラーメン京都 −トランテアンの忘年会ー
●06.12.24 カルメル会のクリスマスクッキー
●06.12.23 スタッフのユニフォーム2パッチワークスカート
●06.12.20 続 端切袋(3)生地チップの使い方
●06.12.19 端切袋(2)生地チップの使い方
●06.12.14 イエガーとリバティ
●06.12.11 メンズパッチワーク
●06.12.08 京都・法輪寺の針供養
●06.12.05 森嘉豆腐店 トランテアンのご近所紹介 (4)
●06.11.29 ミニテディベア・ちびくまちゃんとちびうさちゃん
●06.11.22 パッチワーク生地セット 続 4つのクッション
●06.11.21 パッチワーク生地セット 4つのクッション
●06.11.17 リバティでジャパネスク
●06.11.14 コーデュロイ パッチワーク生地セット 12cm角50枚
●06.11.11 アランセーター バンダナバージョン
●06.11.07 ベツレヘムの星
●06.11.03 ノクシカタ
●06.10.30 ヴィクトリアン パッチワークキルト
●06.10.26 端切袋(1)生地チップの使い方
●06.10.22 マザーグース
●06.10.21 アフガン編み
●06.10.17 ティーコジー
●06.10.14 カフェ・アンダンテ トランテアンのご近所紹介(3)
●06.10.11 リングピローを手作りしませんか?
●06.10.08 カウチンセーター バンダナバージョン
●06.10.04 お月見 リバティプリントうさぎ柄 Oscar(オスカー)
●06.09.30 パッチワーク生地セット 100種類100枚(6×6cm)
●06.09.28 へんこのごま油(山田製油) トランテアンのご近所紹介 (2)
●06.09.25 ウィリアムモリスとリバティプリント (3)
●06.09.21 ウィリアムモリスとリバティプリント (2)
●06.09.18 中村軒 トランテアンのご近所紹介 (1)
●06.09.16 ウィリアムモリスとリバティプリント (1)
●06.09.14 アニマルプリント 動物さがし
●06.09.12 源久秀の裁ちバサミ
●06.09.10 パッチワーク生地セット 100枚(10×10cm)
●06.09.07 スタッフのユニフォーム
●06.09.05 パッチワークスカート
●06.09.04 バウハウス
●06.09.01 トランテアンの由来
●06.08.31 バンダナ犬 ピュアリィ
●06.08.30 LEADアンティーク?ミシン
●06.08.28 2006年秋冬直輸入をお待ちのお客様へ。
●06.08.16 はじめまして どんぐり柄

 袈裟・糞掃衣(ふんぞうえ)   2007.05.23


私、riekoの周りの手づくり好きが集まって、二年に一回、
嵯峨にあるお寺のギャラリーで小さな作品展をさせていただいております。
何回目かの折に若住職から、寄進された錦織のハギレがたくさんあるので、袈裟(けさ)を作れないか。との参考書付きのお話をいただき、とりあえず初めてのことなので、みんなで 古布を持ち寄り、試作したのがこちら、画像1の遠山糞掃衣の写しです。
画像2の左側の図を参考にしました。
(袈裟のはなし 久馬 慧忠 著)

お貸しいただいた本の中に「最尊最上の袈裟は糞掃衣」という言葉があり、糞掃とは、掃き捨てられたチリやゴミの意味で、すでに用が無くなり、捨てられた布で作られた衣。

布に対して、一切の選り好みも許されず、素材も絹から木綿。麻。現代では化繊も混じることがあり、一様ではない。と記載されていました。

元来、袈裟は田んぼの形からのデザイン(?)で、田とあぜ道を形どって作られたものです。袈裟のことを田相衣(でんそうえ)福田衣(ふくでんえ)とも呼ばれるのはそこからの由来です。
インドもお米の国ですよね、、、

袈裟をかけるということは、仏の心を身にまとうこと、誰でも袈裟をかけさえすれば、そのまま仏の心に覆い尽くされる。と、「袈裟のはなし」の“はじめに”に書かれてあります。


この本は難しい仏教の本よりも大変解りやすく、仏心についても、袈裟を通して書かれているので、読み物としても大変興味深いものでした。

リバティの布、DMCなど、輸入物を扱っていて、どうしても外国の習慣や手作りに目がいく毎日ですが、改めてずいぶん昔から、布があり、それを大切にし、最後まで生かす人々がいたと思わされます。

ある老師は袈裟のことをずばり「布の成仏」だと断言されています。木が木仏像に、銅が金仏像に、土が塑仏像に、麻と和紙が乾漆仏像に、崖岩が磨仏像になるならば、布だって立派な仏像になったとしても何の不思議もありません。袈裟こそ布仏像そのものでありましょう、と上記の本に書かれていました。

小市民の私はハギレがおさまる所におさまると少しホッとします。

以前、正倉院展でも聖武天皇が用いられた品(740年〜50年代)と伝えられるクレイジーキルトのような袈裟をみたことがあります。(こちらの画像の右・正倉院展の図録より)

全面に刺し子された、あまりの針目の細かさに、どのような針と糸で仕立てられたのか、興味がわきました。

図録には緑・紫・赤・青・黄・白の平絹を不規則に切り、細かく刺し縫いし、袈裟に仕立てたもの。
これは後年の遠山文様の源流である。と書かれています。

画像3は東京江戸博物館にあった、ついたてです。
不規則な四角形の布をバランスよく組み合わせて作られたものです。
土台の和紙の上に、張り合わせてあるように見えました。
全体の構成が素晴らしく、このようなものを請け負って作る職人さんがいたのか、家人のどなたかのてづくりなのか、
想像は膨らみます。

なんと、こちらのついたては勝家(勝海舟)の所蔵品とのことでした。

江戸東京博物館については、江戸の町並みを再現するにあたって、
路上のゴミ1つまでの再現を目指し、林丈二さん(トランテアンスタッフお気に入りの著述家)に依頼すれども、どんなに調べても、江戸時代、ゴミはありえないとの結論に達したそうです。

ものは最後の最後まで使い切る。
たった150年前の日本では当たり前のことだったんですね。。。


こんな話や品々に出会い、
ますますハギレだらけの生活を覚悟しているスタッフ一同でした。