パピー ローワン イエガー毛糸


●16.04.11 トリュフポーチ作り方
●16.03.10 テトラポーチ作り方
●16.02.05 Baktus Scarf 編み図
●15.11.23 2目ゴム編みソックス 応用編〜スニーカーソックス
●15.04.11 ベーシックノーカラーノースリーブブラウス型紙の応用ワンピース
●15.04.11 1.3mで作る ヨークギャザースカート(フリーパターン)
●14.09.20 シルクのボックスブラウス(フリーパターン)
●14.03.05 手編みのメンズベストが完成
●14.01.22 手編みのメンズベストに挑戦
●12.04.20 クッションの仕立て方〜片開きのファスナーつけ〜
●12.04.07 台形ヨークセーター(とじ、接ぎなし)
●12.02.21 はぎ とじのないヨークカーディガン(青山カーディガン)フリーパターン
●12.02.15 スカーフ・ハンカチの手巻きふち縫い(よりぐけ縫い)
●12.01.14 2012年春夏柄 ピンワーク
●11.11.28 今年も行ってきました!
●11.11.26 本日開店 トランテアン移動手芸店
●11.11.24 トランテアン移動手芸店 
●11.11.08 裾フリルのギャザースカート(フリーパターン)
●11.10.21 リボンギャザースカート(フリーパターン)
●11.10.18 オリジナルパターン 〜ジャージアレンジ編 2〜
●11.09.16 オリジナルパターン 〜Tシャツ編〜
●11.07.23 windワンピース 3
●11.07.18 windワンピース 2
●11.07.14 windワンピース 1
●11.05.13 お客様作品集9
●11.04.14 マットラミネートでつくるトートバッグ(フリーパターン)
●11.02.10 いよいよ明日から アンスピラシオンにて
●11.02.08 お洋服セミオーダー会 販売商品について
●11.02.07 お洋服セミオーダー会 準備中
●11.01.15 SS2011 ピンワーク1
●10.12.14 Creations SAVOIR-FAIRE
●10.11.05 社員旅行 3 +おまけ
●10.11.08 社員旅行 2
●10.11.02 社員旅行
●10.10.11 パリ最終日記4
●10.09.30 サイズ自由のブックカバー
●10.09.02 ロンドンからパリ3 移動日
●10.08.24 LIBERTY FABRIC2010 秋冬コレクション ピンワーク
●10.08.10 ロンドンパリ日記 2
●10.07.24 135cm幅 1mで作るロングキャミソール(フリーパターン)
●10.06.16 V&A Quilts1700-2010  ロンドンパリ日記
●10.03.15 2010移動手芸店
●10.01.06 テキスタイル ルネッサンス LIBERTY FABRIC2010SS 
●09.12.25 お客様作品集8 
●09.11.06 パリ・モンサンミッシェル
●09.10.15 手作りマスク
●09.09.24 リバティプリント 輸入ミニカットクロスで作るスカート 東欧編(フリーパターン)
●09.09.03 大地の芸術祭
●09.08.21 ミラー刺しゅう 
●09.08.07 ラミネート加工縫い方 (ビニールコーティング)
●09.08.01 お客様作品集7
●09.07.23 LIBERTY FABRIC 2009 秋冬コレクション ピンワーク
●09.07.04 LIBERTY FABRIC 2009 秋冬コレクション Part2
●09.07.02 LIBERTY FABRIC 2009 秋冬コレクション
●09.06.17 移動手芸店 初夏 まだまだ開催中!
●09.06.08 移動手芸店 初夏 到着
●09.06.03 2009年 初夏 移動手芸店 準備中
●09.05.26 ウィリアムモリス レッドハウス
●09.05.09 2009年日本ホビーショウ 
●09.03.24 編み針ケース 作り方
●09.03.18 少女の友・ お客様作品集6
●09.02.28 カンタン布コサージュ
●09.02.18 試作中...
●09.01.20 LIBERTY FABRIC 2009年 春夏柄 2
●08.12.27 2009年春夏柄 仕事納め
●08.12.17 X’masオーナメント
●08.12.13 ドミノ編み
●08.12.06 DMC コットンパール8番 刺しゅう糸
●08.11.29 作品展 第3弾
●08.11.22 作品展 第2弾
●08.11.18 手芸同好会 作品展 常寂光寺ギャラリーにて
●08.11.03 お客様の作品集5
●08.10.28 移動手芸店 東京滞在紀
●08.10.27 トランテアン 移動手芸店 開店
●08.10.23 移動手芸店 ただいま準備中・・・完了
●08.10.22 再び 移動手芸店まだまだ準備中...
●08.10.21 続々 移動手芸店ただいま準備中...
●08.10.20 続 移動手芸店ただいま準備中・・・
●08.10.16 移動手芸店 ただいま準備中・・・
●08.10.09 UK日記 アジサイのV&A
●08.10.06 UK 日記 エジンバラの毛糸屋さん
●08.09.30 UK日記 グラスゴー CRマッキントッシュ
●08.09.04 UK日記 ロキャロン社 タータンチェック
●08.08.20 UK日記 エンジェル〜エディンバラ
●08.08.12 夏の手仕事 布さき編み(フリーパターン)
●08.08.02 UK日記 便利なオイスターカード
●08.07.18 08年秋冬柄 
●08.07.01 夏のインテリアLIBERTY FABRIC
●08.06.18 ヨーヨーキルト yo-yo-Quilt その2
●08.05.31 ヨーヨーキルト yo-yo-Quilt その1
●08.05.23 ヨット柄 Deben
●08.05.15 パリ・ジュネーブ旅日記 7ジュネーブの手芸屋さん
●08.05.06 パリ・ジュネーブ旅日記 6 ル・コルビュジエの「小さな家」と「クラルテの集合住宅」
●08.04.30 パリ・ジュネーブ旅日記 5.世界都市 ジュネーブ
●08.04.23 パリ・ジュネーブ旅日記 4.ヴァンブの蚤の市、ボタン
●08.04.19 パリ・ジュネーブ旅日記 3.ポンピドゥーセンター、レストラン
●08.04.11 パリ・ジュネーブ旅日記 2.オペラ座バレエ「カリギュラ」
●08.04.07 パリ・ジュネーブ旅日記 1.のだめの音楽院、楽器博物館
●08.03.31 スプリング 簡単ソーイング
●08.03.17 お客様の作品集3
●08.02.20 手作りネクタイ
●08.02.09 雪の土曜日
●08.02.02 ブルガリアの手編みスカート
●08.01.23 京都 高麗美術館 /ユキパリスコレクション
●08.01.12 続・ LIBERTY FABRIC 2008年春夏柄
●08.01.10 LIBERTY FABRIC 2008年春夏柄
●08.01.08 手編みのくつ下
●07.12.28 BEST10 〜print of the year〜
●07.12.20 手編みの帽子
●07.12.12 クルニュー美術館&オルセー美術館
●07.12.03 毛糸ゆのし器
●07.11.27 絵本の街〜コルマール〜
●07.11.21 お客様の作品集2
●07.11.17 染色博物館〜ミュールーズ〜
●07.11.14 韓国の伝統手芸
●07.11.07 おとぎの国〜ストラスブール〜
●07.11.04 カラーコーディネート
●07.10.27 あなたはネコ派?イヌ派?
●07.10.22 メゾン・リバティ 
●07.10.08 オ ピエ ドゥ コション〜パリ〜
●07.10.04 プルミエール・ビジョン〜パリ〜
●07.09.23 リバティプリントの名前“ダンテ”
●07.09.14 コーデュロイでスカート作り♪
●07.09.05 手作りウエディングドレス2 〜追記〜
●07.08.31 手作りウエディングドレス
●07.08.28 ダブルウェディングリング
●07.08.15 ウィリアムモリスとリバティプリント(6)ローデン
●07.08.08 リバティプリントで夏を...
●07.07.22 リバティプリントの名前 秋冬
●07.07.08 ティアードスカート 色あわせ
●07.07.01 リバティの本 お客様作品集1
●07.06.11 オペラ「ミカド」とリバティ
●07.05.23 袈裟・糞掃衣(ふんぞうえ)
●07.05.13 日本ホビーショー07
●07.05.02 DMCクロスステッチ
●07.04.22 ウィリアムモリスとリバティプリント (5)アフリカンマリーゴールド
●07.04.12 バースディパターン 花祭り 浄住寺  ご近所紹介(5)
●07.04.06 スタッフのユニフォーム〜タナローン・ティアードスカート〜
●07.04.01 エイプリルフール Poissond’Avirl
●07.03.25 ロンドン&パリ日記(番外編)〜おみやげ〜ファッジ・フェーブ・ことりのオデットなどなど、、 nono
●07.03.16 ロンドン&パリ日記(9)〜帰路・シャルルドゴール→スキポール→関空・〜 nono
●07.03.01 ロンドン&パリ日記(8)〜ボン・マルシェ ウルトラモッド パリの手芸屋〜 nono
●07.02.22 ロンドン&パリ日記(7)〜クリニャンクール蚤の市 アンティークレース・ドロンワーク〜 nono
●07.02.21 雅姫さんのリバティ ホビーラホビーレのリバティ
●07.02.20 ロンドン&パリ日記(6)〜ポートベロー蚤の市 薩摩ボタン〜 nono
●07.02.15 ロンドン&パリ日記(5)〜リバティ百貨店・ティールーム〜 nono
●07.02.09 ロンドン&パリ日記(4)〜Savile Row フィッシュアンドチップス〜 nono
●07.02.07 ウェッジウッドブルー 色の名前
●07.02.03 ロンドン&パリ日記(3)〜リバティロンドン〜 nono
●07.01.31 パッチワークスカートの作り方(2)
●07.01.31 パッチワークスカートの作り方
●07.01.27 ロンドン&パリ日記(2)〜English breakfast マーマイト〜 nono
●07.01.23 紅茶染
●07.01.20 ロンドン&パリ日記(1)〜KLMの機内食〜 nono
●07.01.15 パッチワーク生地セット スカート
●07.01.10 ウィリアムモリスとリバティプリント (4)
●07.01.06 5番刺繍糸 DMCパールコットン 
●07.01.01 伏見人形 丹嘉
●06.12.27 ミカドラーメン京都 −トランテアンの忘年会ー
●06.12.24 カルメル会のクリスマスクッキー
●06.12.23 スタッフのユニフォーム2パッチワークスカート
●06.12.20 続 端切袋(3)生地チップの使い方
●06.12.19 端切袋(2)生地チップの使い方
●06.12.14 イエガーとリバティ
●06.12.11 メンズパッチワーク
●06.12.08 京都・法輪寺の針供養
●06.12.05 森嘉豆腐店 トランテアンのご近所紹介 (4)
●06.11.29 ミニテディベア・ちびくまちゃんとちびうさちゃん
●06.11.22 パッチワーク生地セット 続 4つのクッション
●06.11.21 パッチワーク生地セット 4つのクッション
●06.11.17 リバティでジャパネスク
●06.11.14 コーデュロイ パッチワーク生地セット 12cm角50枚
●06.11.11 アランセーター バンダナバージョン
●06.11.07 ベツレヘムの星
●06.11.03 ノクシカタ
●06.10.30 ヴィクトリアン パッチワークキルト
●06.10.26 端切袋(1)生地チップの使い方
●06.10.22 マザーグース
●06.10.21 アフガン編み
●06.10.17 ティーコジー
●06.10.14 カフェ・アンダンテ トランテアンのご近所紹介(3)
●06.10.11 リングピローを手作りしませんか?
●06.10.08 カウチンセーター バンダナバージョン
●06.10.04 お月見 リバティプリントうさぎ柄 Oscar(オスカー)
●06.09.30 パッチワーク生地セット 100種類100枚(6×6cm)
●06.09.28 へんこのごま油(山田製油) トランテアンのご近所紹介 (2)
●06.09.25 ウィリアムモリスとリバティプリント (3)
●06.09.21 ウィリアムモリスとリバティプリント (2)
●06.09.18 中村軒 トランテアンのご近所紹介 (1)
●06.09.16 ウィリアムモリスとリバティプリント (1)
●06.09.14 アニマルプリント 動物さがし
●06.09.12 源久秀の裁ちバサミ
●06.09.10 パッチワーク生地セット 100枚(10×10cm)
●06.09.07 スタッフのユニフォーム
●06.09.05 パッチワークスカート
●06.09.04 バウハウス
●06.09.01 トランテアンの由来
●06.08.31 バンダナ犬 ピュアリィ
●06.08.30 LEADアンティーク?ミシン
●06.08.28 2006年秋冬直輸入をお待ちのお客様へ。
●06.08.16 はじめまして どんぐり柄

 UK 日記 エジンバラの毛糸屋さん   2008.10.06


(前回のグラスゴーの続き・・・)
世界中から“何か新しくておもしろいもの”とバイヤーが集まる町、おしゃれな大人町。
モードもジュエリーももちろん、手編み糸、布、刺しゅう、ビーズなどみんなアートしてます。
日数の限られたたびでは無理なことですが、せめてあと一日は!という思いでいっぱいのまま、
食いしん坊の二人がお茶だけでこのグラスゴーを去るのが残念でなりませんでした。
(デコボコ道が想像以上に時間と体力を奪う・・・)

16時発のエディンバラ行きの電車に乗り込み、
後ろ髪をひかれつつ、さよならグラスゴー。

17時にはエディンバラ到着。
早速、手芸屋さん探しです。空は昼間のように明るいけど、お店は次々にしまっていく時間・・・。

街全体が世界遺産でもあるこの街ではすぐ、目的を忘れて横道にそれてしまいます。
ただ、どこからでも岩山にそびえるエディンバラ城が見え、迷子にはなりません!

駅の南側、ビクトリアストリートにあるレース屋さん。「Pine&Old Lace」残念ながらCLOSE。外から失礼して写真を…
プライスカードの数字がロンドンより安い感じが、お手入れも良くすぐに使えそうなレースがいっぱい。
棚にずらりと並ぶティーコジーは着せ替え式。
フカフカの土台を作っておいてシーズンやお客様によって上を取り替えるもの。
刺しゅうやレース、レース編みの場合はほとんどこのスタイル。
ハンドメードの可愛さがステキ♪
いつも思うのだけれど、ステッチの技術など、そんなに難しくないものばかりだし、素人っぽいのにきちんと大人のイメージに答えてくれる、この雰囲気はなんだろう。。

もしこのお店が開いていたらお財布と相談で心痛かったと思うと、閉まっていて少しホッとしました。

このお隣にはやっと出会えた毛糸屋さん。K1 YARNS。
若いチャーミングな女性の店長さん。とてもやさしくいろいろ説明してくださいました。
ラベンダー色のノースリーブワンピースにパープルのウールショール。やはり北の地。
背中のシェルボタンはカラフルに。おしゃれ♪

店内のソファーには奥様のお買い物を待つご主人の姿が。
ゆっくりお店の人と相談しながらの糸選び。
お店の隅にはコーヒーメーカーやスナックがあり、
くつろいでウェイティングタイムが過ごせそう。
そういえば、ロンドン・エンジェルの毛糸屋さんLoopにも、
お店の前がデッキになっていて椅子に腰掛けて読書をしながら彼女のお買い物を待つ男性の姿が…。
トランテアンにもカップルで来ていただくお客様も多いので
参考になります。
日本の場合、ほとんど車の中で相手を待つ方が多い気が…。

せっかくのステキなお店。記念にニット帽子のキットとギザギザ形のかぎ針を買うことに。
説明書は英語表記だけのものじゃなく、編み図とカラー写真の載っているものを選ぶ…。
キットはルームシューズ入れのような巾着に入っていて、
さらに大きなエコバッグにいれてくれました。

帰り際 一枚のポストカードを手渡してくれて、もしイギリスにいるなら7月26日のGuardian紙に編み図が数点掲載されるのよ、タダだからもらってね。と
残念ながら26日はもう日本だけど、全国紙(?)に編み図が載るということはやっぱりニットの国・・・!
そうか、そのくらいしないと編み物人口が減りつつあるのか・・・。

告知のポストカードには、今流行のバナナがあたたかそう。
バナナコジーと名前がついていた。プラスチックのものは見かけたことがあったが、ニットとは。バックからちらりと覗いたときにあらっと思います。

可愛い店内の写真も快くOKしてくれて、目がハートになっている私達を見て、「近くに刺しゅう屋さんもあるわよ」と。

教えてもらったお店はビクトリアストリートを下ったグラスマーケット地区。
有名パブやレストランが立ち並び、仕事帰りの地元の人々でにぎわっていた。

18時過ぎていたのでさすがに、そのお店もCLOSE。。
大きなEMBROIDERY SHOPの文字が悲しい。

エジンバラ大学アートスクールの周辺にも学生が利用する手芸屋さんがあるそうです。



朝からすっかり歩きつかれておなかも減ったスコットランド最終日。ちょっとはずんで、スコットランド博物館内のレストランへ。
エジンバラの予約必至のオススメレストランだそう。
(知らずに入ったものの、案内して頂きグラスゴーでの不運とプラスマイナス!)

ディナータイムには早かったこともあり、
エジンバラ城に手が届きそうな窓際の席へ♪

なるべくオーガニックな食材、手の届いた小さな農場からの食材で安心度100% R月でもないのに生牡蠣は最高でした。
メインディッシュ、riekoさんはスズキのムニエル。私は人生初のリブアイステーキ、名前は有名なリブアイ。初めての体験♪ 
ほっぺたが落ちるとはこのこと!おいしくって疲れた体に幸せのひとときでした。
隣の教授風8人グループの皆さんは全員そろってリブアイをオーダーしていた・・・。

とにかく一皿の量が多い!でもふたりでペロリと完食!
付け合せのポテト、日本だったらこれ4人前はあるわねー。
この緑がキレイな茹で野菜も。
二人でわいわい言ながらのディナーでした。

スコットランドは海に近く、良質食材の宝庫。
ロンドンの有名レストランもスコットランドから取り寄せている店が少なくない。

楽しい食事を終え、21時前。ようやく夕方の明るさに。
お腹ごなしにホテルまで歩きましょう。

博物館の横に、スコットランドの忠犬ハチ公“ボビー”の銅像。
このボビーはご主人の死後、そのお墓に14年間も通い続け、人々の感動をさそったらしい。

本来ならば、もう少しこの旅の出発時期を遅らせて、
世界的有名なエジンバラの夏フェスティバルの頃に来ると、
ジャズのコンサートやパレード、野外シアターなどの楽しみがあるのですが、もちろんホテル予約もイベントのチケットも
1年前からじゃないと取れないかも…。



今日はいよいよ9時半の電車でロンドンに帰る日。
帰りは止まる駅が少なく、4時間40分の旅。

車内は平日のため空いている。
ひっくり返るのが当たり前だと思っていた座席シートは動かすともびくともしない固定型。
行きも進行方向と逆の向きに座っていたので、
せっかくの景色を楽しみたい!と、思い切って車掌さんに聞くと、シートに指定席のカードがささってないところならどこでもOKだよ!と。
なぁんだ。早く聞けばよかった。。

見晴らしのいい窓際に。流れる景色にも見慣れてきた。
緑の草原に、羊たち。街はどこもステキな屋根の色。
ツィード川の上流、ベーウィック。
そういえば、グラスゴーのおとなりはペイズリー。
やはりおなじみの地名が多い。
エジンバラのすぐ南には「ダヴィンチコード」で有名になったロズリン礼拝堂がある。いつも気ままな旅にはほど遠い。

売店車両であたたかい紅茶をいただき、ランチタイム。
各シートの足元にはパソコン用プラグもついている。

ニューキャッスルから旅行中(?)のファミリーが。
すこし車内に活気がわく。
聞き覚えのある、スーパーマリオのゲーム音。

みんな親切で、座席上の棚に、ぎゅうぎゅう詰めのバックがとれなくて困っている女性に、
おおきながっしり体型の男性がぐっと引っ張り、駆け降り下車セーフ。
「Thanks love'in!」 「Love'in too!」

ロンドンに戻り、スローンスクエアーに新しくOPENしたリバティブティックへ。(生地屋ではなく、グッツショップ)
とっても豪華な内装はアイアンシーの柄で。

今日の夕飯は、簡単にデパ地下のおそうざいで。
お寿司でも!と思ったところ、かっぱ巻き1人前で隣の中華コーナーのおかずがたくさん買えました。
SUSHIは高級食!?
お寿司ブームは継続中?昔からあるハロッズの地下もいっぱいの人ですが、ハーベイニコルズの6Fの高級回転寿司も昼間からいっぱいの人。
3ヶ月前のロンドンは好景気に沸いてました。

ロンドンだけでなく、グラスゴーの駅前も工事中のビルが多かったっけ。(次のオリンピックにそなえて!?)
画像右下のハロッズも実はこれ、工事中のブルーシート(?)のかわりの建物カモフラージュ用のシートなのです。
日本でよく見るホワイトのシートじゃないところが、粋ですね。

まだ、建設中のマンションの1軒50億が即完売!
50億で買って、55億で売ったインド人がいる。
買ったのはロシア人。
そんな話が飛び交っていたけどいま、どうなっているんだろう・・・。3ヶ月が3年に感じられる今日この頃です。

ロンドンの夕焼け。21時03分。
今日は早めの就寝。ベッドに横になる。
枕には小さなナナホシテントウが!
たくさんの幸運を運んでくれてありがとう♪